いちばんすきな花あらすじ10話ネタバレ感想!紅葉と夜々の恋路のゆくえ

※この記事にはプロモーションが含まれています。

2023年秋ドラマとして10月スタートの「いちばんすきな花」のネタバレ、独自の感想を綴っていきます。

まだご視聴なさってない方、ネタバレNGな方はご注意ください。

2023年12月14日 第10話「迫る引越し…最後に4人でやりたいこと

目次

いちばんすきな花10話あらすじ

志木美鳥(田中麗奈)潮ゆくえ(多部未華子)春木椿(松下洸平)深雪夜々(今田美桜)佐藤紅葉(神尾楓珠)と一緒に、椿の家で食事をした翌日、北海道へ戻ることに。

そして、美鳥は空港まで見送りに来たゆくえに、5人で会ったのは楽しかったが、「5人は、違うのかも」と話し4人の仲の良さを感じたことを伝えた。

その夜、春木家にいつものように4人が集まった。

ゆくえは椿たちそれぞれに美鳥からの伝言を預かったと切り出し、報告し始める。

一通り伝え終わると夜々と紅葉はそれぞれリビングを出ていくが、その様子を確認したゆくえは椿に「そこの公園、桜が咲くから春まで住んでみて欲しかった」と美鳥に言われたことを話した。

夜々と紅葉が聞いたら「じゃあ、春まで」と言い出しかねないと、2人がいる前では言わなかったのだ。

ある日、夜々と紅葉は美鳥のことなどを話しながら居酒屋で飲んでいると、近くの席で飲んでいた紅葉のバイト先の同僚、園田拓真(世古口凌)松井隼人(川本光貴)に声をかけられる。

園田たちは、夜々を紅葉の恋人と勘違いしてからかい始めた。紅葉はこらえているのだが、夜々が応酬し始めて…。

いちばんすきな花 公式HPより

いちばんすきな花10話ネタバレ感想

しごおわ椿

夜々と紅葉 居酒屋にて

美鳥が紅葉に語っていたこと。

夜々がに言われなかったら自分で塾やろうって思い立てなかった
春木がいなかったら誰も信じられなくなってた
ゆくえがいなかったら教師になる夢あきらめてた

「紅葉がいなかったら」がなかったので、夜々がLINEでみどちゃんにきいてました。

佐藤くんがみどちゃんの人生にどう作用したか?

その答えは、

みんなが自分を同じように見てると思ってたから、違う人もいるってことが救いだった

4人の存在は美鳥にとって救いだったことが、改めて表現されてました。

そして最後に5人とも生きにくい性格で締めくくられていましたが、ふと生きやすい人っているのかな、と思ってしまった。

誰でも悩みって持ってるものだし、確かに生きやすい人はいるだろうけど、そっちの方が少数派では?

だからこの5人はことさら生きにくい性格ってことかな。

そしてこの居酒屋である事件が勃発。

紅葉と夜々が楽しく呑んでいるすぐ近くに、なんと紅葉のバイト先の失礼コンビがいたのです。

夜々に対して
佐藤さんとつき合ってて楽しいですか?
の言葉にブチギレた夜々。

ヤフコメのコメント書いてんのお前らだろ、このコメンテーター気取りが!バーカバーカ!

ばーかばーか!

紅葉の静止を振り切って「バカ」と何回言ったと思います?
全部で11回。

笑ったわ―。
スカッとしましたね。

ずっと失礼だったもんな、あの二人。

感情的になった方が一般的には負けなんだけど、紅葉のためにブチギレたんだもんね。

ちょっとかっこいい

おのでら塾

希子とゆくえ

机に突っ伏して落ち込んでる希子。

中学の教室まで行ったもののそこには入れず…

希子がへこんでいる様子にゆくえが声をかけるが、

「みんなはみんなで辛いと思う。私のこと嫌ってないとみんなと仲良くできないから、それはそれで辛い子いると思う」
と希子。

「そんなこと気にしないでも」

ゆくえがそう言ったけど、ほんとそうだよ。

自分が一番辛いのに、他の誰かを気にかけてるなんて、なんて優しい子。

そんな希子にずっと寄り添って言葉をかけてるゆくえちゃんは、本当に塾の先生で良かった。

こんな先生がいてくれてよかった。

紅葉がへこんでる理由

装丁に描いたイラストがゴミっていわれてたこと。

紅葉のインスタに書き込まれていたレスだろうか。
それとも書籍への感想の方?

仕事への感想だから悪意と切り捨てるのは違う、と紅葉は言ってたけど、真に受けるのは違うと思う。

万人が好きっていうモノなんてない。

紅葉も言ってたけど、そう価値観の違い

わかってるんだよね。
でも気にしちゃう。

確かに気にはなるよね。

こーゆーのどうしたらいいんだろう、って思ってたら、ちゃんと椿と夜々がフォローしてくれました。

価値観を否定するのは違うけど、違う価値観をそのまま受け入れなくていいって。

そうやって気にかけて、励まそうとしてくれる友達がいて、そういうのが一番しあわせなことだよなぁって思った。

ゴミになるかどうかなんて人それぞれ。

椿の「指輪なんてただの金属!」
夜々の「会員カードなんてただの厚紙!」

なにこのセリフ。
クスッと笑える。

紅葉の言う通り下手な慰め方だけど、一生懸命だからうれしいよね。

席を外していたゆくえが、椿と夜々と同じようなこと言って紅葉を励まそうとしてるのを、笑いをこらえながら聞いてる椿と夜々。

そんな空間がもう愛おしくて泣ける。

そして、とりあえず次の良さげな紅葉のお仕事も、決まってるようで良かった。

配るつもりで大量に紅葉の本を買った椿さん。
そんなに配る友達がいなかったことに気づく。

職場で配っちゃう?
それがイヤならフラワーショップはるきでお母さんに配ってもらいな。
あのお母さん、顔広そうだし。

このみの誕生日

パリピなゆくえ

ど派手なパーティグッズ満載でこのみの帰宅を出迎えたゆくえ。

自分もゴテゴテにパーティグッズを身につけてる。

「やめな」と冷ややかなこのみ。

このみの性格からして、わーって言って喜ぶような展開はないって分かってたよね?おねえちゃん。

「ちょっと憧れで、挑戦してみたかった…」

うん、わかる、わかるよ。

私も憧れある。
でもパリピじゃないからさぁ。
結局ないものねだりなのよ。

でも果敢にトライした姿勢はエライかも。

夜々の告白

フラレた夜々

ゆくえも紅葉も春木邸に行かないと分かった夜。

食材を買い込んで椿に会いに来た夜々。

そこで料理は嫌いだけど実は得意だったことが判明した夜々さん。

で、そのご飯を食べながらちゃんと告白した夜々でしたが…

答えはNO。

なぜー?いい子じゃないかー!

全くもって椿のストライクゾーンが分からん!!

実は自分にはないパリピ要素を持ってる人の方がいいとか?

純恋の時みたいに何でも決めてくれる人の方がいいとか?

それだと二の舞いのような気もするけど。

「すみません、ごめんなさい」って泣きながら何度もつぶやく夜々が切な過ぎた…

でも涙を拭いたティッシュを丸めて「ゴミ箱に投げて入ったらつき合ってくれますか?」と聞いて、すかさず椿が「つき合わない」って答えたら、「なんだ」と言ってあさっての方向へ投げ飛ばしました。

それが断られたことへのかわいい反抗というか、せめてもの仕返しというか。

その場をちょっと和ませた行動がすごかったなって思います。

紅葉の告白

紅葉とゆくえ

このみの誕生日に呼ばれた紅葉。
その時このみはコンビニに行っていて、ゆくえと二人っきりになりました。

全然期待させてくれなかった。でもそれが有り難かった」と紅葉。

好きでもないオレのために、距離感考えてくれるようなところが好きなんだよね
芽はないと分かっていて、紅葉はそうハッキリ言いました。

大抵は脈なしと思ってたら、言わないでそのまま今の関係を維持しよう、とか考えると思うのですが、こう伝えてもなお全く関係が崩れない、二人の関係性ってただただ凄いなって思ったのでした。

そして失恋した夜々が失恋した紅葉に電話をかけてくるわけですが、そこでも夜々紅葉の確固たる友情が垣間見えました。

対等な立ち位置でのお互いへの言葉が気持ちいい。
ゆくえと赤田のようになっていく予感。

いちばんすきな花10話ネタバレ感想まとめ

結局、夜々と紅葉の恋路は一方通行のままでした。

紅葉の思いはかなり届くのがキビしそうと思ってましたが、夜々ちゃんにはちょっとは希望があるかなぁと、今は無理でもこの先にはちょっと光があるんじゃないかと夢想しましたが、こちらも完全にアウトですかぁ。

ということはこの4人はこのまま友達、という位置でずっと続いていくのでしょうか。

引っ越し作業の描写があったりで、いよいよこのおウチとのお別れが近づいて来てしまいました。

序盤からこの家を引っ越すにあたって何か4人でやりたいことがないか椿が募っていましたが、ラストになってゆくえが思いつきます。

4人でちょっと住んでみたい

それはとてもいいアイデア!
なるほど、盲点でしたね。

最終回は4人のわちゃわちゃが濃厚になって垣間見れることでしょう!

でも最終回…終わっちゃうのはやっぱり寂しい。

スペシャル番組でいいから続編ないかな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ななつ
横浜のはしっこ在住。
3人の子供がいます。あ、ラボットもいます。
「よりよく生きる」がモットー。
ベランダで多肉沼にはまってます。
ふくろうLOVE。

コメント

コメントする

目次