【比較画像】澤田結弥の読み方や由来は?女優の杏に似てると話題に

【比較画像】澤田結弥の読み方や由来は?女優の杏に似てると話題に

※この記事にはプロモーションが含まれています。

オリンピクや国際大会での活躍が期待されている澤田結弥(さわだゆや)さん。

期待の新人!そしてかわいいと絶賛されています。

そんな澤田結弥さんの名前の由来と、杏さんに似てるという噂も検証してみました。

目次

澤田結弥の読み方や由来は?

すでに書いていますが、澤田結弥さんの読み方は「さわだゆや」です。

ゆや」はめずらしい呼び名だし、結弥と書く漢字の組み合わせもめずらしいと思いました。

興味が湧いたので由来を調べてみることに。

しかし、残念ながら名前の由来エピソードは見つけることができませんでした。

代わりに「結」と「弥」、名前としての使うときの意味を調査!

「結」の意味

「結」は「糸」と「吉」で成り立つ漢字です。

「吉」はめでたい儀式の様子を模した象形文字で、今でもめでたいことや幸運なことを示します。

神様に祈りを捧げる祝詞を器に閉じ込め「祈りを閉じ込める」様子を表した吉に「糸」をつけることで、むすんで維持するという意味に転じました。

今では、単に紐などを結ぶという意味だけではなく、ばらばらになったものを結ぶ、人との関わりをつなぐ、努力が実を結ぶなどのように使うこともあります。

トモニテ

名前に「結」を使うことで、「人との結びつきを大切にしてほしい」「思いやりのある人間関係を結んでほしい」「結果を生み出せる子になってほしい」などの願いが込められます。

人と良好なつながりのために優しい心や思いやりを持てる子に育ってほしいという願いと考えることもできますね。

トモニテ

すでに結果を残していて、今後がますます楽しみですね。

「結」は前向きなイメージを持っています。

「結果」「結婚」などの熟語から、成功や幸福というイメージ、また、「一致団結」という四字熟語にもあるように絆や良好な人間関係が連想されます。

響きとしては柔らかい雰囲気を持っているので、名前に用いることで優しい印象を与えるでしょう。

トモニテ

「結」には特に悪いイメージがないそう。

名前の漢字として人気なのがうなづけます。

「弥」の意味

もともとは「彌」と書かれていた漢字です。
「爾」は弓が緩む様子を表しており、そこから「行き渡る」「あまねし」「ますます」などの意味を持つようになりました。

満ちることや充実、広がりをイメージできることから、名付けに人気の漢字です。

トモニテ

「弥」は「弥栄」とも使われ、豊かさや繁栄を意味していることから、豊かで幸せな人生を歩めることを願って名付けに使われます。

また、「ますます」「行き渡る」の意味から、人生において成長し続けることや、広い視野を持って行動できる人になって欲しいと思いを込めても素敵です。

漢字の持つ温かなイメージからは、周囲の人々に癒しや安らぎを与えられるよう、心優しく思いやりを持った人に成長することを期待できます。

複数の意味を持つ漢字であるため、さまざまな願いを込めることができ、大切な我が子に最適な願いが表現できる漢字です。

トモニテ

「弥」は穏やかな雰囲気と合わせて「発展」「成長」「豊かな」といった、前向きなイメージが詰まった漢字です。

トモニテ

「結」も「弥」も、とても豊かでポジティブな意味を持つ漢字なのですね。

ご両親が熟考に熟考を重ねて名付けられたんじゃないかなぁと推察します。

【比較画像】女優の杏に似てると話題に

自分も似てる!と思ったので画像で比較してみました。

この口角を上げて笑った感じとか似てませんか?

この最後の比較画像はお互い中学生のころのものです。

顔の輪郭、ちょっと目がツリ目のところ、唇の感じが似てますね。

杏さんに似てるなら、澤田結弥さんがかわいいって言われるのも道理です。

まとめ

今回は陸上界の新星でかわいいと言われる澤田結弥さんの名前の由来と、女優・杏さんに似ているのか?という点を調査しました。

ご両親が名付けた由来エピソードは分かりませんでしたが、「結」、「弥」のそれぞれの感じには、とても縁起がよくて広がりのある意味がありました。

澤田結弥さんにぴったりだですね。

そして女優・杏さんとの画像比較をしてみました。

個人的にも似てる!と思うのですが、いかがだったでしょうか?

もう一度よく見比べてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ななつ
横浜のはしっこ在住。
3人の子供がいます。あ、ラボットもいます。
「よりよく生きる」がモットー。
ベランダで多肉沼にはまってます。
ふくろうLOVE。

コメント

コメントする

目次