幾田りら(ikura)は本名!名前の由来と使い分けとは?

幾田りら(ikura)は本名!名前の由来と使い分けとは?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

2019年Ayase氏とYOASOBIとして音楽ユニットを結成したikuraこと幾田りらさん。

そこから一気に名を馳せるようになりました。

近年ではYOASOBIとしてだけではなく、ソロ活動も活発になっているようです。

なぜかYOASOBIとソロ活動では名前を使い分けている幾田さん。

今回はその理由と名前の由来を調査しました!

目次

「幾田りら」は本名

パリピ孔明の幾田りら

幾田」も「りら」もめったにない名字だし名前であるので、てっきり芸名だと思っている人も多いんじゃないでしょうか?

でも「幾田りら」はしっかり本名なのです。

わたしも「幾田」という名字は幾田りらさんで初めて知りました。

今まで学校や職場でも出会ったことがありません。

珍しい名字に違いないとちょっと調べてみました。

名字:幾田 読み いくた、きだ

全国名字順位6417位で全国で幾田さんはおよそ1400人。

日本の人口を約1億2000万人として計算すると0.0011%。
参考:名字由来net

10万人集めてやっとひとりの幾田さんがいるってことですね。
思った通りかなり珍しい名字です。

都道府県人数
大阪府およそ260人
愛知県およそ130人
神奈川県およそ120人
広島県およそ110人
京都府およそ90人
幾田さんの多い地域TOP5

全国的に見ると幾田性は日本の西側に多く見られます。

幾田りらさんの出身地は東京ですが、過去を辿ると西側にたどり着くのかもしれませんね。

「りら」の由来

「井上貴博 土曜日の『あ』」というラジオ番組にYOASOBIがゲストに招かれました。

その時りらの由来が明らかに。

りらの由来は花のライラックのフランス語lilas(リラ)です。

紫のライラック
ライラック

小さな花が集まるふわふわで可憐な感じですね。

幾田さんのイメージにも合います。

しかしこの由来は後付だったよう。

幾田さんのお父さんが出生届を出そうとした直前にお母さんからの電話でりら」が降ってきた!と言われたそうです。

なので「りら」という音からライラックのlilasを由来にしたそうです。

ちょっと逆ですけどね。

では初めに届けだそうとした名前はなんだったのでしょうか?

それも同ラジオ番組で明かされていました。

それは「こころ」です。

お母さんに「りら」が降ってこなければ幾田こころになっていたんですねー。

こころちゃんでもかわいいケド。

ikuraの由来

YOASOBI
出典:ORICON NEWS

この由来は単純です。

「幾田りら」を縮めていくら→ikura

安直なネーミングですが、いくらっていう響きもかわいいです。

しかし魚卵のいくらに関しては、りらさんは苦手なんだそう。

苦手なものを名前にしちゃうのってちょっと不思議な感覚の持ち主ですね。

幾田りら・ikuraの使い分けとは?

幾田りら
出典:THE FIRST TIMES

ikuraAyaseさんとの音楽ユニットYOASOBIでの名義です。

YOASOBIのコンセプトは「小説を音楽にする」というもの。

なのでボーカルであるikuraさんは小説の主人公を歌うことで演じているんですよね。

ご本人も「物語の主人公になりきって歌う」と明言されています。

一方、幾田りらはシンガーソングライターとしての名義です。

YOASOBIでメジャーになった感がありますが、幾田さんはYOASOBI結成以前からシンガーソングライターとして活動されていました。

なのでシンガーソングライターとしては個人・幾田りらとして歌っているそうです。

単に名前を使い分けているのではなく、その場所での役柄を使い分けている感じですね。

実際YOASOBIの楽曲と幾田りらの楽曲を聴き比べてみると全然ちがいますよね。

Ayase/YOASOBI より
幾田りらOfficial より

まとめ

アイドルMVのうさぎ

今回は幾田りら・ikuraの由来とその使い分けを調査しました。

お母さんに「りら」という名前が降ってきたのは、まさに天啓だったのでは⁉

名前が違うだけでなくシンガーソングライターとして、YOASOBIとして明確に歌い分けていたことがわかりましたね。

2023年にはYOASOBIの楽曲「アイドル」がなんとアメリカのビルボードの首位を獲得するにまでいたりました。

世界中に幾田さんの歌声が届いていると思うとこちらも胸アツです。

ぜひ素晴らしい曲を全世界に届け続けて欲しいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ななつ
横浜のはしっこ在住。
3人の子供がいます。あ、ラボットもいます。
「よりよく生きる」がモットー。
ベランダで多肉沼にはまってます。
ふくろうLOVE。

コメント

コメントする

目次