エルフ荒川の生い立ちが壮絶!現在はギャル芸人で韓国語が堪能!

エルフ荒川の生い立ちが壮絶!現在はギャル芸人で韓国語が堪能!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

吉本のお笑いコンビ、エルフの荒川さんの生い立ちが壮絶と話題になっています。

ギャル芸人として活躍していて、でもなぜか韓国語が堪能という噂も!

一体どういう人なの?と興味が湧き調べてみました。

目次

エルフ荒川のプロフィール

まずはエルフ荒川さんのプロフィールからご紹介。

  • 本名:荒川葉月(あらかわはづき)
  • 生年月日:1996年8月30日
  • 出身:大阪府和泉市
  • 身長:156cm
  • 趣味:韓国語勉強、Instagram更新 、画像の加工 、音楽を聴くこと、 飲みに行くこと
  • 特技:居酒屋のメニューを全部ギャル語にできる
  • 事務所:吉本興業(NSC大阪38期生)

実はエルフ荒川さんは実家が貧乏でその生い立ちが壮絶だったことで有名です。

どういうことなのでしょうか?

エルフ荒川の生い立ちが壮絶だった!

実家が貧乏だったことで有名なエルフ荒川さん。

それが知れ渡るキッカケとなったのが2017年放送、バラエティ番組の「マヨなか芸人でした。

大阪府和泉市にある築50年以上の実家がオンエアされたのです。

実家はボロボロ

実家の外観はそうでもなかったのですが、中は壮絶でした。

床に穴が空いていたり…

引用:マヨなか芸人

アリやらナメクジやらが侵入してきちゃう浴室だったり

実質こちらは浴室として機能せず、洗面器にお湯を入れて体を洗っていたそう。

カビ部分がだいぶ目立つ壁だったり

引用:マヨなか芸人

どんな風に日々生活をしていたのか、想像を絶するレベルですね。

しかし、上のテロップにあるように「あの黒いのは火事のせい?」と聞かれて、エルフ荒川さんは「燃えたんじゃなくてただの黒カビだから大丈夫」と笑って答えていました。

さすが芸人を志すだけあって超ポジティブですよね!

父親が無職

なぜにこんなに実家がボロいのかというと、ひとえに父親が当時無職だったからだそうです。

なぜ無職だったのかは不明ですが。

そんなお父さん、エルフ荒川さんたちが幼い頃

お前らが結婚するときのためにピアノとギター習う!

と言い出したことがあったそうです。

でもそれを聞いたエルフ荒川さんは

とりあえず働いてくれ

と心の中でツッコんだそう。

でも楽天的な性格は父親ゆずりってことすね。

おやつは片栗粉の甘いヤツ

そんな生活状況だったので、子供時代はおやつを買う余裕もなかったそうで…

もっぱら手作り!

片栗粉と砂糖を混ぜたものを水で溶かしたモノ。

命名「片栗粉の甘いヤツ

フルーチェのような味で、姉妹で仲良く食べていたそうですよ。

現在はギャル芸人!

エルフ荒川さんは小学生の頃からお笑いの世界に憧れを持っていて、高校卒業後は迷うことなくお笑いの道へ。

吉本総合芸能学院」の大阪校へ入学しました。

そして2016年4月、相方はるさんと組み女性コンビとしてエルフを結成。

意外だったんですが荒川さんに声をかけたのは、はるさんの方だったそうです。

NSC吉本総合芸能学院で、はるが荒川に声をかけたことがきっかけで、コンビを組んだ。

当時のことを、はるは「人とコミュニケーションを取るのが苦手だったので、自分と真反対な(性格の)子がいいなと思ったので、荒川に声をかけた」と振り返った。

引用:めざましメディア 2021年3月2日

現在ギャル姿のエルフ荒川さん。

はじめは芸人ネタとしてギャルをやっているのかと思っていました。

でも全くちがいました。

もう生まれたてからギャルなんです

気が付いた時から、キラキラしていて、派手なのが好きでした。
周りの先輩や友達もギャルでした。
だから、自分もギャルとして生きていくものだと、それが普通だと思って育ったんです。
それが他の人と違うことをやってるとはまったく気づいていなかったです。

引用:ミモレ 2023年1月17日

お笑いの世界へ入ったのも、キラキラした場所だと思ったから。

一貫してますね。ブレがなくて羨ましい!

ただ2019年頃までは「中川家」が好きだったこともあり正統派スタイルでネタをやっていました。

しかしあまりうまくいかず…

ウケるようになったのは、ギャル(素)を出すようになってから。

結果論ですが、はじめからギャルでいけば良かったですね!

意外にもギャル芸人としては6年目くらいです。

時流にのってSNSを始め、TikTok、Instagram、youtubeなど活躍の場を拡大させています。

テレビへの出演も増えてきているので、認知度もかなり上がったのでは?

エルフ荒川は韓国語が堪能!

プロフィールの「趣味」欄に韓国語の勉強とあり、意外に思って調べてみました。

そうしたらかなりの腕前でびっくり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ななつ
横浜のはしっこ在住。
3人の子供がいます。あ、ラボットもいます。
「よりよく生きる」がモットー。
ベランダで多肉沼にはまってます。
ふくろうLOVE。

コメント

コメントする

目次